イーベンをめざせ!

便秘の放置にご用心
知らないうちに仕事にも影響が!?

とある化粧品メーカー
この春、憧れの麗子先輩がマネージャーとして異動してくる。

仕事も恋も停滞気味の凛(りん)は、麗子の異動を誰よりも心待ちにしていた。
しかし麗子には、ある使命と、凛の知らない過去があった…
凛の期待とは裏腹に麗子先輩の赴任とともに、凛にある試練が訪れることに…

ある日 凛「ふぅ…昨日遅くまでかかった企画をようやく提出できたわ」 原妻凛(はらづま りん)27歳 入社5年目 頑張り屋さんで仕事に没頭しがち。我慢強い。 麗子「疲れてるようね。」凛「あ… あなたは!」凛「麗子先輩!」 腸内麗子(ちょうないれいこ)32歳 入社10年目 マーケティング部のマネージャーに抜擢された、憧れの先輩。 麗子「食事や睡眠はちゃんととれていて?」凛(ギクッ)「確かに… ここ数日はパンをさっと食べて、睡眠もあまり取れてないような…」麗子「やっぱり…」麗子「顔色が悪くってよ。いいこと?今日はしっかりご飯を食べて、ゆっくりお風呂につかってリラックスしてからぐっすりお眠りなさい。」凛(先輩… 私の様子に気づいてくれてた…)麗子「それに、その様子だと… おつうじも良くないんじゃなくって!」

え?おつうじ?何で分かったんですか?

麗子

昔、私もそうだったから同じなんじゃないかなと思ってよ。

麗子先輩も便秘になったことあるんですか?

麗子

そりゃ、あるわよ。
ほとんどの女性が便秘を経験してるんじゃないかしら。ただ、おつうじのことってあまり人に話さないから…。

実は私、学生の頃からずっと便秘で…。

麗子

便秘は放っておくとよくないわ!
すぐに解消しなきゃ。

すぐにって…、一体どうしたらいいんですか?

私には使命があるの。それは、この部署全員の便秘を解消して、生産性を上げる事。

何ですかその使命?
(先輩どうしちゃったんだろう。便秘の話と生産性に何の関係があるんだろう…。)

麗子

ごらんなさい。今、凛ちゃんの腸の中は恐らくこんな感じよ。

便が溜まった腸

ひぃぃ。な、なんですかこれは。

麗子

食事の時間が不規則になったり、量が減ったりすると便を作る材料が不足して良い便が作れなくなるのよ。おまけに睡眠不足だと大腸が便を作る時間がなくなったり、さらに仕事のストレスも重なったりすると、大腸の動きが悪くなって、便がカチカチになって出なくなるってわけ。

こ、こわい。ところで先輩、やけに便秘に詳しいですね。

麗子

私も昔はね、仕事が忙しくて凛ちゃんと同じ状態になったんだけど、便秘なんて気にしている余裕もなくて、放っておいたの。(遠い目)

え、先輩も、、

麗子

ある時、仕事もできないくらいお腹が痛くなって、救急車で運ばれて、病院で検査してもらったら、ひどい便秘です。。。って言われたの。

そんなことってあるんですか??

麗子

そう思うわよね。私もそれを聞いた時は固まったわ。
それにすごく恥ずかしかったし。でもその時の先生が親身になって生活改善について指導してくれて、治療のおかげもあって、今はすっかり快調よ。

便が溜まっていない腸

キ、キレイ!

麗子

便秘が改善されると、生活リズムが整って、今までより仕事に集中できるようになったわ。
あと、ぽっこりお腹や肌あれも良くなってきて、何より毎日、とても気分がいいの。

先輩の美しさや、明るさは腸からきてるんですね!

麗子

便秘が改善するまでの間、先生にいろいろ教えてもらいながら、一生懸命、生活改善をがんばったのよ。

さすが先輩。徹底してますね。

麗子

病院で、もうあんな恥ずかしい思いしたくないし笑。それに便秘の人は便秘じゃない人に比べて、欠勤率が高かったり、病院に行く回数が多かったりするという説もあるのよ。

便秘で仕事にも影響出ることもあるなんて…。

麗子

それだけじゃなく、便秘だと何日分もの便を溜め込んでいるからお腹が張ったり、痛くなったりするわよね?

はい、なります。

麗子

それに出ないからトイレに何回も行ったり1日中便秘のことばかりで仕事にも集中しづらいんじゃなくって?

そう、それです!
今度は出るかな?とか思いながらトイレに行くんですけど、満足にいかなくて…何度も繰り返してました。

麗子

それこそが、生産性の低下につながるのよ!

言われてみたら、私の不調は全て便秘のせいかも!?

麗子

あと、便秘の人がよくなる病気として痔があるらしいの。便が出ないからあきらめたり、トイレに行く時間がないからと我慢したりすると、便がどんどん水分を奪われて固くなって、それを無理やり出そうとすると切れ痔になることもあるらしいわ。

便秘から痔が引き起こされるイメージ

痔にはなりたくないです!

麗子

便秘を放置する怖さが分かったかしら?

はい!すぐに何とかしないと!

麗子

いいこと!
じゃあ、今日は早く帰って、しっかりご飯を食べて、ゆっくりお風呂につかってリラックスしてぐっすり寝る。明日からは、快便生活に向けて業務の棚卸しと生活改善をしていくわよ。

(やっぱり、先輩は頼もしい。私にも明るい未来が見えてきた。)

便秘が改善されてきた凛は今、先輩のおかげで、仕事もお腹も絶好調。数ヶ月前の自分が信じられないくらい、今は生活が充実している。勉「凛ちゃん、おつかれ。今日ごはん行かない?」凛「行く行く!何食べる?」 最近、知り合った勉くんからのお誘い。前はご飯もあまり美味しく食べられなくて、忙しいのを言い訳に遠ざかってた恋にも、おつうじの改善とともに積極的になってきた。お腹ぽっこりと肌あれも解消して、自分に自信が持てるようになってきたことが大きいかも。今なら、急なお泊まりになっても大丈夫!ふふふ完
  • ※この漫画はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。
監修

横浜市立大学附属病院

中島 淳 先生

横浜市立大学大学院医学研究科・肝胆膵消化器病学教室 主任教授、診療部長。医学博士。
1999年から2001年までハーバード大学客員准教授を務め、腸管免疫の研究にあたる。医療従事者向けの「慢性便秘症診療ガイドライン」作成メンバーとして尽力し、海外の便秘薬や最先端治療に精通。
※2019年3月現在の情報です。

お近くの病院を検索できます