便秘知らずの食事レシピ。【期間限定】HOKTOコラボレシピ掲載中!おいしく食べて便秘を解消!きのでde菌活レシピ開催中!

美味しく便秘を解消【簡単レシピ】

きのこらぼとコラボ開催中!菌類であるきのこは食物繊維を豊富に含み、腸内の老廃物の排出を助けたり、腸内細菌のエサとなって腸を整えるのに役立ちます。毎日の健康に役立つおいしいきのこレシピを紹介します。「きのこで菌活」美味しく腸を整えましょう!

レシピ提供:ホクト株式会社

【今月はこちら!】11月きのこde菌活レシピ

きのこと白菜の旨煮~ゆず風味~

きのこと白菜の旨煮~ゆず風味~

1人分:エネルギー166kacl調理時間10分

材料(4人分)

ブナピー 100g
マイタケ 100g
白菜 3枚(300g)
厚揚げ 2枚(300g)
(A)水 200ml
(A)酒 大さじ2
(A)みりん 大さじ2
(A)しょう油 大さじ2
(A)おろししょうが 小さじ1
ゆず果汁 大さじ1
(B)片栗粉 小さじ1
(B)水 小さじ1

作り方

  1. ブナピーは石づきを切り、マイタケと共に4等分に分ける。白菜はざく切りにし、厚揚げは食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋に(A)と1を加えフタをして、強火で火にかけ、沸騰したら弱火で3分ほど煮る。
  3. 最後にゆず果汁、(B)の水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。

ポイント

寒さの厳しくなる時期にぴったりな1品。きのこにはナイアシンが豊富に含まれており、さらにゆずのヘスペリジンが血液のめぐりを促すのに役立つので、寒さ対策にオススメです。身体を芯から温めてくれるあんが白菜やきのこに絡むのが美味しい和食メニューです。

霜降りひらたけのグリルドサラダ

霜降りひらたけのグリルドサラダ

1人分:エネルギー440kcal調理時間20分

材料(2人分)

霜降りひらたけ 1パック
ブロッコリー 1株
新じゃがいも 1個
にんじん 1本
鶏もも肉 200g
オリーブオイル 大さじ2
(A)酢 小さじ1
(A)マスタード 小さじ1
(A)塩 小さじ1/2
(A)こしょう 適宜
(B)オリーブオイル 大さじ1
レモン 1/2個

作り方

  1. 霜降りひらたけは小房にほぐす。
    ブロッコリーは大きめに切る。
    じゃがいもは皮ごと7〜8mmほどに切り、にんじんも同様に縦に切る。
    鶏もも肉は一口大に切り、塩、こしょう(分量外)を振る。
    (A)をしっかり混ぜ、最後に(B)を入れ乳化させる。
  2. フライパンを熱しオリーブオイル(大さじ1)を入れ鶏もも肉、にんじん、じゃがいも、ブロッコリー、霜降りひらたけの順に焼き、焼けたものから皿に盛りつける。
    (適宜、残りのオリーブオイルを加える。)
  3. (A)のドレッシングを回しかけ、混ぜてレモンを絞っていただく。

ポイント

霜降りひらたけに豊富なビタミンB2は別名“美容ビタミン”と呼ばれ、肌の材料となる脂質の代謝に関わることで健やかな肌を保ちます。合わせる野菜にはビタミンAやビタミンCなど肌を整える働きのあるビタミンが豊富に含まれるので、さらに紫外線や乾燥の気になる季節のキレイをサポートします。

きのこと冬野菜のトマトクリーム煮

きのこと冬野菜のトマトクリーム煮

1人分:エネルギー286kcal調理時間30分

材料(4人分)

ブナピー 100g
エリンギ 100g
玉ねぎ 1個
れんこん 100g
白菜 300g(約1/8玉)
ベーコン(ブロック) 150g
オリーブオイル 小さじ2
400ml
トマト缶 1個
小さじ1
牛乳 150ml
ピザ用チーズ 大さじ3
スプラウト お好みで

作り方

  1. ブナピーは石づきを切り小房に分け、エリンギは食べやすい大きさにする。
    玉ねぎは薄切りにし、れんこんは皮をむき5mmの輪切りにする。
    白菜は3cm幅に切り、ベーコンは厚さ1cmに切る。
  2. 鍋にオリーブオイルを熱し、ベーコンを炒め焼き目がついたら玉ねぎを加えて炒める。
  3. きのこ、れんこんと白菜、水、トマト缶、塩を加え火が通るまで煮る。
  4. 一旦火を止め牛乳を回し入れ、弱火で5分ほど煮る。火を止める直前にチーズを加え、火からおろす。
  5. 器に盛り付け、お好みでスプラウトを飾る。

ポイント

これから本格的に寒くなる11月。寒い季節を乗り越えるために、食事をしっかりと食べて身体を温めましょう!きのこに豊富なナイアシンは、寒さ対策に役立つため、この時期に積極的に摂り入れることがオススメです。また、れんこんのような根菜には身体を温める効果があります。きのことトマトのうま味が利いて減塩効果もあるので、家族の健康にもうれしいクリーミーな一品です。

味噌きのこ

味噌きのこ

1人分:エネルギー565kcal調理時間10分

材料(作りやすい分量)

マイタケ 200g
ブナシメジ 100g
しょうが 1片
ごま油 大さじ2
(A)味噌 100g(半量は赤みそがおすすめ)
(A)酒 大さじ2
(A)みりん 大さじ2

作り方

  1. ブナシメジは石づきを切り、マイタケと共に小房に分ける。しょうがはみじん切りにする。
  2. フライパンにごま油を熱し、1.を入れて炒める。(A)は混ぜ合わせておく。
  3. (A)をよく混ぜ合わせて加え、水気が出てきたら弱めの中火にし、水気がなくなるまで炒め煮する。

ポイント

最強の菌活食材「きのこ」をいつでもたっぷり使える常備菜“味噌きのこ”を冷蔵庫にストックして、健康な毎日をめざしましょう!きのこにたっぷり含まれる食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなり、また、老廃物の排出を促すので、腸内環境を整えます。健康の要ともいわれる「腸」を整えることは、健康や美容に関わるうれしいポイントがたくさん。色々な料理にアレンジできて、とっても便利な常備菜です。

きのこと野菜のコンソメスープ

きのこと野菜のコンソメスープ

1人分:エネルギー75kcal調理時間15分

材料(4人分)

ブナピー 100g
エリンギ 100g
パセリ お好みで
セロリ 1本
にんじん 1/2本(75g)
キャベツ 2枚
ウインナー 2本
バター 10g
800ml
小さじ1/3
こしょう 少々

作り方

  1. ブナピーは石づきを切り小房に分け、エリンギは食べやすい大きさに切る。セロリとにんじんは皮をむいて7mmほどの角切りに、キャベツはざく切りにする。ウインナーは1cm幅の輪切りにする。
  2. 鍋にバターを熱し、セロリとにんじんを焦がさないようにじっくりと炒めたらきのこを加えてさっと炒め、水を入れて弱火で15分ほど煮る。
  3. ウインナーとキャベツを入れて、火が通ったら塩、こしょうで味を調え、みじん切りにしたパセリを散らす。

ポイント

きのこと旬野菜のうま味が凝縮されたスープはいかがでしょうか?きのこは水からじわじわと加熱することでうま味成分であるグアニル酸が増えるので、よりおいしいスープを作ることができます。うま味を利かせることで減塩にも効果があるので塩を少なくしても満足感はそのままに!旬を味わうスープで美味しく健康な毎日を過ごしましょう!

霜降りひらたけの炊き込みご飯

霜降りひらたけの炊き込みご飯

1人分:エネルギー284kcal調理時間10分

材料(4人分)

霜降りひらたけ 1パック
2合
にんじん 1/3本
ごぼう 40g
油揚げ 1/2枚
三つ葉 10g
大さじ1
しょう油 大さじ1

作り方

  1. 霜降りひらたけは小房にほぐし、三つ葉は長さ3cmに切る。にんじん、油揚げは短冊切り、ごぼうはささがきにする。米は洗ってザルにあげる。
  2. 炊飯器に米、酒、しょう油を入れ、2合の線まで水を入れたら、霜降りひらたけ、にんじん、ごぼう、油揚げを加え普通に炊く。
  3. 茶碗に盛り、仕上げに三つ葉を散らす。

ポイント

毎日の食卓から、きのこで菌活を始めませんか?きのこには健康の要である腸を整える食物繊維が豊富です。また、きのこは菌100%の唯一の食材であり、腸に住む善玉菌が優位な環境に整える助けをします。一緒に炊きこむことで、栄養を余すことなく摂れるのもうれしいポイント。ジューシーな霜降りひらたけとごぼうの歯ごたえが楽しめる、香りも良い一品です。

まだまだあります!きのこレシピ。詳しくはこちらをチェック!
病院検索

便秘治療が相談できる病院が検索できます。

ひどい便秘でお困りの方は、病院で受診するのがおすすめです。
医師による適した治療を受けることが、便秘を解消する一歩になります。